京焼・清水焼 古川 剛

古川剛は100年以上に渡る京焼・清水焼の窯元に生まれ、父は陶芸家で日本工芸会正会員の古川利男氏、祖父は京焼・清水焼窯元 二代古川竹峰氏(昭和製陶有限会社)。府立陶工高等技術専門校を修了後、清水焼を営む実家の昭和製陶(有)入社。訓練校時代,本に載っていた天目釉と出会い、焼成するごとに異なる輝きを見せる天目釉に魅了され、制作活動の傍ら、京都市伝統産業技術者研修で天目釉・青磁釉の技術を習得。天目釉研究に取り組みながら、古典的な油滴天目や禾目天目をベースにオリジナルの天目作品を制作。京焼・清水焼の次代を担う第一人者。



茶盌

天目わんを思わせる素直な碗なりの形状に鉄を多く(約5%以上)含んだ黒色の釉薬を使用。国宝にもなっている曜変天目(七色の光彩を放つといわれる)をはじめとして,油滴天目(水の中に浮いた油のような斑点模様がある)、禾目天目(稲の穂先にある毛のような釉の流れた縞模様がある)などをベースにしたオリジナル作品。

炫燿油滴天目茶盌

炫燿油滴天目茶盌

金珠天目茶盌

金珠天目茶盌

炫燿油滴天目茶盌

炫燿油滴天目茶盌

国宝にもなっている曜変天目(七色の光彩を放つといわれる)をはじめとして、油滴天目(水の中に浮いた油のような斑点模様がある)、禾目天目(稲の穂先にある毛のような釉の流れた縞模様がある)などをベースに、独自の天目釉によるカラーバリエーション豊かなオリジナル作品。また、盃の形状は、もシンプルだけど美しくそして使い勝手の良いものを念頭に制作。

炫晶鏡面盃

炫晶鏡面盃

炫燿油滴盃

炫燿油滴盃

窯変暁彩盃

窯変暁彩盃

炫晶霧滴盃

炫晶霧滴盃

鉄釉金彩盃

鉄釉金彩盃